腕時計を買った後にかかる費用

Posted: 8th 11月 2012 by tokeiosyare2012 in ルミノックス
コメントは受け付けていません。

先日、ルミノックス天国で時計を買ったのですがいいですねーかなり気に入っています。
さて、車に結構なお金を使っている友人がいます。でも、その友人曰く、「腕時計は危険な趣味だ」。彼の奥さんも同じようなことを言っています。なぜならば、趣味の車は車庫に入る分しか持てないが、腕時計は机の引き出しに何個でも入ってしまうからだそう。

腕時計は車に比べたら価格も手ごろで、場合に応じて複数個を持っているのが普通とも言えます。でも車と違って、車検やガソリン代もかからないし、よっぽどお手頃な趣味じゃない?・・・

と言い訳をしたいあなた、腕時計にも結構なメンテナンス費用がかかるんですよー?

まず、クオーツ時計の場合には定期的な電池交換が必要ですよね。これは金額的には大したことはない場合がありますが、たくさんの腕時計をお持ちの方は、久しぶりにつけてみようと思ったGショックが電池切れだったりして、たまに使う都に度交換をするのが意外と面倒くさいもの。さらに、高級ブランドのクオーツ腕時計だったりすると、電池交換だけでも技術料が一万円を超える場合もあります。

さらに、腕時計のメンテナンスで一番高いのがオーバーホール料金!4年に一度くらい必要とされ、3万円から5万円の費用がかかります。高級ブランドだと10万円を超える場合も!
複数の高級腕時計をお持ちの方だと、毎年結構な出費が必要になります。それこそ車代になるくらいになっちゃうかも? 腕時計とはいえ、その後のメンテナンス費用のことも考えてご購入くださいね。

コメントは受け付けていません。

私が二人目の子を出産した後に、母が何年か使っていたショパールの時計をプレゼントしてくれました。その時計は限定品で、三越で何点か売っていた物です。購入しにいく前に相談されて「かわいいんじゃない」と私も賛同したものでした。そのショパールの時計の文字盤はピンクで、中に入っているチャームは三日月と星が二つ。とてもかわいらしいデザインです。そして、母は小柄で手首も細いのでベルトを付け足して私のサイズにしてプレゼントしてくれました。

私自身、どちらかというとリーズナブルな時計しかしていなかったので、ショパールの時計をした時にはどきどきしました。けれども母に「もういい年なんだから、はめていっても恥ずかしない時計をしなさい」と言われていたので、出かける時にはなるべくつけるようにしています。

ただ不便なところは電池がなくなるとやはり百貨店まで持っていなくてはいけないところです。近所の時計屋さんでお願いをしようとしたところ何かあったら大変だからと断られてしまいました。けれども、それだけ高価な物だということがわかるので、大事に使って、次はこの時計を娘に譲り渡せればなと思います。ちなみに我が家では、父がしていたロレックスの時計は兄がいまだに大事に身につけています。

ディーゼル腕時計「DZ1117」について

Posted: 19th 6月 2012 by tokeiosyare2012 in 未分類
コメントは受け付けていません。

ディーゼル腕時計「DZ1117」は、シルバーのスクエア型ケースにブラックのレザーベルトで、文字盤は3針タイプになり、アラビア数字とバーインデックスを仕様。

ディーゼル腕時計DZ1117」の12時位置にはブランドロゴが刻まれ、3時位置に日付と曜日が表示されるようになっています。

勿論、リューズや裏蓋にも、ブランドロゴを刻印されています。

ディーゼル腕時計「DZ1117」、ケース素材はステンレスで、ベルト素材はレザー。

中留めには、穴留め式が採用されています。

ディーゼル腕時計「DZ1117」の仕様としては、電池式である駆動方式 クォーツ、防水性は10気圧、表示方式 はアナログ、日付と曜日のカレンダー機能などがついています。

ディーゼル腕時計「DZ1117」のサイズですが、縦50x横45x厚さ12ミリ、腕回りが140~205ミリ、ベルト幅は22~26ミリで、重さは約102グラムとなっています。

付属品には、専用ケース、取扱説明書、保証書がついています。

昇進祝いに特別な腕時計を

Posted: 12th 6月 2012 by tokeiosyare2012 in 未分類
コメントは受け付けていません。

今年めでたく主人が昇進し、記念にフレデリックコンスタントの腕時計を購入し、プレゼントしました。主人はあまり時計には無頓着で、携帯で時間がわかるから時計入らないなどと言っていましたが、主人の昇進が決まり今まで以上に頑張ってもらいたいということから、他の人が持っていないような特別な腕時計をプレゼントしたいと考えたのです。

有名ブランドの高級腕時計も良かったのですが、フレデリックコンスタントというのはスイス・ジュネーブを本拠とするスイスのマニファクチュール時計メーカーです。熟練した職人によりデザインから組み立てまでを一貫して自社で行っています。実は腕時計愛好家にはとても有名なブランドであり、ハートビートとといって文字盤上に小穴を設けることで時計の内部が見え、歯車が細かく動く様など時計内部の美しい動きも見ることができるのです。

主人もこのハートビートと、クウォーツには再現することができない秒針の美しい動きにとても気に入ってくれました。

これからも元気で家族のために働いてくれる主人に、素敵で特別な腕時計をプレゼントすることができてとても良かったです。この時計が時を美しく刻むように、主人のこれからの人生も素晴らしいものであってほしいと願っています。

とってもアクセサリーな腕時計

Posted: 11th 6月 2012 by tokeiosyare2012 in 時計というアイテム
コメントは受け付けていません。

昨年の誕生日に素敵な腕時計をもらいました。

ベルト部分が長い革ひもでできていて、3重ほどに腕にまいて使うタイプのちょっとかわったタイプです。

時計部分は、手作りで真鍮のような素材で文字盤のまわりにループがいくつもつくられ、ぱっと見ると向日葵のデザインのように見えます。

ビジネスライクなシーンにはちょっと不向きかもしれませんが、春から秋まで、腕をだすことが多い期間には、革ひものブレスレットみたいなイメージでみんなにかわいいねってほめてもらえます。

冬場にはTシャツなどの上からくるくるっとまいてもいい感じです。

そして、もうひとつの使い方としては、いちばん長い状態でフックの部分をつなぐと、ちょっと長めの時計形ペンダントしても使えます。

革がきれいな茶色なので、いろんな色の洋服にあわせやすいです。

また特にコットン素材や生成りの洋服で、ガーデンっぽいスタイルにはバッチリあってます。

時計はもともと大好きでいくつか持っているのですが、どちらかというとカチっとしたビジネスシーン向きのシンプルなものが多くて、カジュアルなものはこれが初めてです。

おまけにアクセサリーを身につける習慣もほとんどなかったので、いまは、このおしゃれなアイテムで、時計とアクセサリーの機能を同時に楽しんでます。

まさに一石二鳥というか、一人二役って感じでしょうか。

この手作りの世界にひとつの時計は、タイプ違いもあるそうなので、自分で2つ目を購入しようと思ってます。

この時計は、私の腕時計へのこだわりを大きく変えてくれました!

ハミルトンカーキキング

Posted: 18th 4月 2012 by tokeiosyare2012 in 未分類
コメントは受け付けていません。

ハミルトンカーキキングもカーキフィールドと同じくミリタリー要素を色濃く映しているシリーズとなっています。

カーキフィールドの上級機種と言い換えてしまってもいいかもしれません。

その最たる特徴は、リューズをカバーする大型のケースでしょう。

その径は、なんと40㎜にも及びます。

実は、このカーキキングはハミルトンの歴史の中で一度生産中止となった過去を持つシリーズです。

しかし、ハミルトンユーザーにおける人気の高さから復活を遂げました。

復活したカーキキングの特徴として最も大きいのは、文字盤の12の部分にデイデイト、つまりはカレンダー表示機能が付いていることです。

存在感たっぷりのその個性的なデザインは、まさにキングの名にふさわしいと言えるでしょう。

大きく存在感があり強い個性を放ちながらも自然とどんな服装にも合うデザインとなっていて、アクティブに過ごす休日からビジネスシーンまで幅広く様々なところで使っていただけるシリーズです。

ニクソンのシリーズ バンクス

Posted: 7th 2月 2012 by tokeiosyare2012 in ニクソン シリーズ
コメントは受け付けていません。

ニクソンのシリーズのひとつ、バンクスは、四角いフェイスが特徴的な腕時計です。

四角いとは言っても、角は丸いのでそこまで角ばった印象はなく、ベルト幅にスッキリ収まるサイズの文字盤なので、全体的に無駄のない美しいフォルムとなっています。

デュアルタイムと秒を刻むサブダイヤルが付いたデザインです。

カラーリングも様々なので、お好みに合わせて、ファッションに合わせて選んでいただくことができるのではないでしょうか。

ニクソン時計 レディース女性にも十分に使っていただけるデザインとなっていますので、カップルで色違いで使うというのもいいですね。

文字盤には数字が書かれておらず、シャープでオシャレなイメージです。

形がシンプルな分色合いでずいぶんとイメージが変わってくるデザインなのではないでしょうか。

シルバーやゴールドなど単色のものをチョイスすればカジュアルだけではなくビジネスシーンにも取り入れていただくことができそうな雰囲気の腕時計です。

使い勝手のいいブランドスウォッチ

Posted: 30th 1月 2012 by tokeiosyare2012 in ブランドウォッチ
コメントは受け付けていません。

ブランドウォッチというと高級なイメージを思い浮かべますが、私は比較手的値段も手ごろなスウォッチを愛用しています。
スウォッチはスイスの時計メーカーでブランドとしては世界中に知られているブランドだと思います。

シリーズとしてはGショックなど日本で一時期ブームになりましたが、それだけでなくいろいろな種類のスウォッチがあります。
スウォッチは他のキャラクターやファッションブランド、スポーツブランドなどとのコラボレーションがうまいのでそれぞれのテイストにあわせたリストウォッチをうまく作っていると思います。

ポップでカラフルなものから、シンプルでスポーティなものまで手ごろな価格でいろいろな種類があるのでファッションやシーンに合わせて使い分けて複数持っている人も多いと思います。

私もカジュアルなファッションだとシンプルなプラスチックのタイプを使い、スーツなどではシルバー色のメタリックなタイプのメタルベルトのスウォッチを使い分けています。

スウォッチは時計売場でもコーナーを持っていることも多いのでどこでもすぐ見つけやすいですし目にすることも多いです。
高級なステイタスとしてのものはないかもしれませんが普段使いのリストウォッチとしては使い勝手のいいブランドです。

コメントは受け付けていません。

あなたは、オシャレに興味がありますか?

もし、そうなら、よい時計を選んでください。